理想の二重を手に入れよう|悩みのない日々を過ごしたいなら美容整形に行くべき
女性

悩みのない日々を過ごしたいなら美容整形に行くべき

理想の二重を手に入れよう

レディ

二重の種類を知る

大宮の美容整形で二重にしたいと思っている方、そもそも二重にもいくつかの種類があることを知っていますか。ただ二重にしたいと漠然と考えて美容整形のクリニックに行くのではなく、クリニックに行く前に、二重にはどのような種類があるのか知っておくことも大切です。二重の種類の1つとして、奥二重が挙げられます。まぶたの奥に二重のラインが隠れているタイプのことですが、まぶたと二重の重なり具合で印象が変わります。日本人の二重の中で多いのが、末広二重と言われるタイプです。このタイプは、目頭から目尻にかけて、少しずつまつげと二重のライン幅が広がっていきます。そして平行二重タイプは、まつげと二重のラインが同じ幅であるタイプとなります。このタイプは、西洋人に多いタイプとされています。このように二重のタイプだけでも、大きく3つにわけられます。あらかじめどのタイプの二重にしたいのか検討しておくことで、実際にカウンセリングを受けにクリニックに行ったとき、スムーズにカウンセリングを進めることに繋がります。また大宮のクリニックに行った際、二重の施術に向けて決めなければならないのは、二重の種類だけではありません。美容整形で二重にするとしても、二重の幅によって印象が大きく異なることを把握しておく必要があります。二重の幅が広ければいいというわけではなく、1人1人の顔の作りによって、似合う二重の幅は異なります。クリニックによっては、施術後に二重幅を変更してもらうことも可能なので、そのようなクリニックを選ぶのもいいでしょう。

二重にするための施術とは

実際に二重の施術を受ける場合、その施術方法は大きく分けて3つに分けられます。その3つの施術方法というのが、埋没法・部分切開法・全切開法となります。自分の状況に合わせて施術が選択できるのが人気の秘密でもあります。実際に施術を選択するときは、それぞれの施術のメリットやデメリットを理解し、医師と相談して決めるようにしましょう。例えば埋没法は、切開をしない施術方法なので、メスを入れるのに抵抗がある方でも利用しやすい施術となっています。ただし、糸を埋め込むことによる施術なので、時間が経てばもとに戻ってしまうこともあります。大宮の美容整形で行われている切開を伴う二重の施術が、部分切開法と全切開法となります。この2つの大きな違いは、名前の通りに部分的に1cmほど切開するか、2〜3cm切開を行うかという点です。部分切開法では、全切開に抵抗がある方に向いています。埋没法よりも効果の持続が期待でき、しぼうやたるみを取ることも可能です。一方で全切開法の場合、二重の施術の中で、最も長い効果の持続が期待できます。また厚みのあるまぶたの場合、他の施術方法が向いていない方にも対応しやすいのが全切開法の特徴です。大宮の美容整形で二重の施術を受ける時、自分の希望だけで決められるわけではありません。厚みのあるまぶたなどの自分の状態によって、適した施術が異なってくる方もいます。だからこそ、自分の希望だけで施術の種類を決めるのではなく、医師の診断を受けたうえで、どの施術が向いているのか判断してもらうようにしましょう。